メインイメージ画像

パートとバイトの分類とは

販売業、飲食業、医療業など、社会には多様な仕事が存在しており、その雇用形態も様々です。その中でもパートとアルバイトは一つの会社の中でも分けられていることがあるでしょう。法律上では、パートもバイトも「パートタイム労働者」と呼ばれているのですが、一般的にはちょっと違った意味で分類されています。バイトは学業や本職のある人が副業にすることが大半でしょう。パートでは子育てが落ち着いた主婦などが多く、会社の契約をする機関も長期になることがほとんどでしょう。

あくまでこれは一般例なので、細かい点は各々の会社に確認をしなければいけないでしょう。非正規雇用者として勤めるケースでも、雇用保険に加入することができるのでしょうか。もし週に20時間以上、入社してから31日以上勤めているのであれば、雇用形態に関わらず、雇用保険には入らなければいけないのです。退職後の失業手当なども社員やバイトに関係がなく給付が受けられます。

新たにバイトやパートとして勤める時は、自分の働く時間や勤務する期間を確認し、雇用保険に入れるか前もってチェックしておきましょう。正当な理由がないのに雇用保険に入らせて貰えないという時は、罰則対象になるため、そういった会社では働かない方が良いかもしれませんね。近頃は、バイトを重複してやっている人は実は多いかもしれません。その理由は、どうしてもひとつの仕事のみでは手取りが不十分であることが原因です。

そして、お金以外にも様々な職場を経験出来るのも、かなりの利点でしょう。2つ以上の勤務先を掛け持ちするとしたら注意が必要なのは、時間をどう使うかです。例えば、メインとなるバイトを決定し、その空き時間に2つ目の仕事をする、という方法です。これなら、時間のロスがなく、能率的に生活することができると思いませんか?